読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CX's Hatena Blog

はてなブログを使ってみるテスト

PlayCanvas Engine で物理演算を試してみるテスト

Windows WebGL JavaScript IE11 Firefox Chrome

先日、Mozilla からゲーム用 JavaScriptライブラリ「PlayCanvas Engine」がリリースとのニュースがあったので、試してみました。

f:id:cx20:20140609003848p:plain

物理演算エンジン自体は「Ammo.js」を用いているようです。

サンプルを実行してみる

■ RIGIDBODY PHYSICS - FALLING SHAPES

http://playcanvas.github.io/#physics/falling_shapes/index.html

以下は、上記サンプルを jsdo.it 用に移植したものです。

碁石を落下させてみる

ちょうど、Google ロゴが囲碁になっていたので、なんとなく、 サンプルを碁石っぽくなるように改造してみました。

改造といっても、手を入れたのは

  • 床を碁盤っぽくなるよう変更
  • 球体を縦方向に圧縮して碁石の形っぽくなるよう変更
  • オブジェクトの色を白と黒が交互になるよう変更

くらいです。

ドミノ倒し

ボール衝突

サンプルを少し改造しただけですが、それっぽいものが出来上がりました。

今回は試してませんが、キーボードやマウス操作、音とかも扱いやすくなっているようです。

PlayCanvas のサービスについて

ちなみに、PlayCanvas の本領は、ライブラリそのものより、クラウド化されたサービスにありそうです。GitHub のゲームプロジェクト版と言った感じでしょうか。

時間があれば、こちらについても、試してみたいと思います。

http://apps.playcanvas.com/cx20/hello/box

f:id:cx20:20140609014857p:plain