読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CX's Hatena Blog

はてなブログを使ってみるテスト

Windows Azure を使ってみるテスト(クラウド サービス編)

Windows Azure を使ってみるシリーズ、今回はクラウド サービス編です。

f:id:cx20:20140115234845p:plain

クラウド サービス」と「Web サイト」のどちらも IIS ベースだったりするので、紛らわしいのですが、ざっくりと以下のような分類がされているようです。

f:id:cx20:20140116012444p:plain

0. 事前準備

クラウド サービスの開発の為、

を事前にインストールしておきます。

ちなみに、Visual StudioWindows Azure SDK以下のような関係になっているようです。

Windows Azure SDK VS2013 VS2012 VS2010
2.2 Supported Supported Not Suppoted
2.1 Not Supported Supported Suppoted
2.0 Not Supported Supported Suppoted

1. Visual Studio Express 2013 for Web を起動する

f:id:cx20:20140115234848p:plain

2. プロジェクトを新規作成する

プロジェクトテンプレート「Windows Azure クラウド サービス」を選択します。

f:id:cx20:20140115234846p:plain

今回は「ASP.NET Web ロール」を選択してみます。

f:id:cx20:20140115234847p:plain

テンプレートは「Web Forms」を使用してみます。

f:id:cx20:20140115234849p:plain

f:id:cx20:20140115234850p:plain

プロジェクトが作成されました。

3. ローカルで実行してみる

[デバッグ] - [デバッグ実行] にて実行してみます。

f:id:cx20:20140115234851p:plain

初回実行時にファイアウォールの警告が出るのでアクセス許可をします。

f:id:cx20:20140115234852p:plain

f:id:cx20:20140115234853p:plain

とりあえず表示できました。

4. 表示メッセージを変更してみる

デフォルトのままではつまらないので、メッセージを変更してみます。

定番ですが「ASP.NET」→「Hello, Windows Azure World!」に変えてみました。

f:id:cx20:20140115234854p:plain

4. 再度、実行してみる

f:id:cx20:20140116002939p:plain

f:id:cx20:20140116002938p:plain

メッセージが変更されていることを確認できました。

5. クラウドに発行してみる

ソリューション エクスプローラーでプロジェクトを選択して右クリックすると「発行」メニューが表示されるので選択します。

f:id:cx20:20140116002940p:plain

初回実行時は、Windows Azure にサインインする必要があるようです。

f:id:cx20:20140116002941p:plain

サブスクリプションを選択します。

f:id:cx20:20140116002942p:plain

新しいサービスに名前を付けます。

f:id:cx20:20140116002943p:plain

発行先の地域や環境(テスト環境/運用環境)など選択します。

f:id:cx20:20140116002944p:plain

発行する Web アプリケーションの概要を確認します。

f:id:cx20:20140116002945p:plain

問題なければ「発行」ボタンをクリックします。

f:id:cx20:20140116002946p:plain

発行すると、自動的仮想マシン(Web ロール)も作成されるようです。

f:id:cx20:20140116005509p:plain

ブラウザで発行された Web アプリケーションを確認してみます。

f:id:cx20:20140116005508p:plain

f:id:cx20:20140116002947p:plain

無事、クラウドに発行できたようです。

6. Windows Azure 管理ポータルを確認してみる

f:id:cx20:20140116005510p:plain

管理ポータルに Visual Studio で発行したサービスが追加されていることが確認できました。

かなりざっくりとした説明ですが、このような感じでクラウド サービスを利用することが出来るようです。

参考情報

Windows Azure クラウド サービス入門編(ビデオ)

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/jj683226

■ [PDF] Windows Azure クラウド サービス入門編(スライド)

http://download.microsoft.com/download/2/1/D/21DD5E8C-1ECB-4AFC-8B0B-69EBC1A39860/02_WAHOL_Cloud_Services_slide.pdf

■ [PDF] Windows Azure クラウド サービス入門編(演習)

http://download.microsoft.com/download/2/1/D/21DD5E8C-1ECB-4AFC-8B0B-69EBC1A39860/02_WAHOL_Cloud_Services.pdf