読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CX's Hatena Blog

はてなブログを使ってみるテスト

Visual Studio Community 2015 をインストールしてみる

先月、Windows 10 の登場に合わせて Visual Studio 2015 の正式版が公開されました。

Microsoft、統合開発環境「Visual Studio 2015」を正式公開 - 窓の杜

製品版はさておき、無償版(Community / Express 版)としては以下のようなエディションがあります。

名称 用途
Microsoft Visual Studio Community 2015 VS2015 Pro相当。個人は無償
Microsoft Visual Studio Express 2015 for Web Webアプリケーションの開発
Microsoft Visual Studio Express 2015 for Windows Desktop デスクトップアプリの開発
Microsoft Visual Studio Express 2015 for Windows UWP用アプリの開発

今回は「Microsoft Visual Studio Community 2015」をインストールして UWP(ユニバーサル Windows プラットフォーム)用のアプリを作ってみたいと思います。

1. ダウンロード

Visual Studio Community 2015 は以下サイトよりダウンロード可能です。

■ 無料開発ツール - Visual Studio Community 2015

https://www.visualstudio.com/?Wt.mc_id=5001362

f:id:cx20:20150809225122p:plain

2. インストーラを実行

f:id:cx20:20150809225548p:plain

3. インストールの開始

f:id:cx20:20150809225425p:plain

標準だと VC++ が入らないので、カスタムを選択します。

f:id:cx20:20150809225526p:plain

[プログラム言語] - [Visual C++] を選択します

f:id:cx20:20150809225541p:plain

[Windows 開発と Web 開発] - [ユニバーサル Windowsアプリ 開発ツール]

[Windows 開発と Web 開発] - [Windows 8.1 および Windows Phone 8.0/8.1 ツール]

についても選択しておきます。

f:id:cx20:20150809225542p:plain

f:id:cx20:20150809225543p:plain

f:id:cx20:20150809225545p:plain

4. 起動

f:id:cx20:20150809225546p:plain

f:id:cx20:20150809225549p:plain

5. プロジェクトの作成

試しに、DirectX 12 を用いた UWP アプリを作成してみたいと思います。

f:id:cx20:20150809225550p:plain

[Visual C++] - [Windows] - [ユニバーサル] - [DirectX 12 アプリ (ユニバーサル Windows)] を選択します。

f:id:cx20:20150809225551p:plain

プロジェクトが自動生成されました。

6. [F5] にて実行

[F5] キーで実行するとエラーが表示されます。

f:id:cx20:20150809225552p:plain

これは、Windows 10 より、既定の設定ではストア経由でしかアプリ(ストアアプリ/UWPアプリ)をインストールできなくなっている為です。

7. Windows の設定を開発者モードに変更する

[設定] - [設定とセキュリティ] - [開発者向け] より「開発者モード」を選択します。

f:id:cx20:20150809225554p:plain

f:id:cx20:20150809225555p:plain

8. 再度 [F5] にて実行

f:id:cx20:20150809235903g:plain

今度は無事、動作することが確認できました。

なお、マシンスペックにもよりますが、インストールには時間がかかるので、時間に余裕があるときにするのが吉かと思います。