読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CX's Hatena Blog

はてなブログを使ってみるテスト

FlashDevelop をインストールしてみる

最近は、Flash の開発環境も無料で構築できるようなので「FlashDevelop」を試してみました。

f:id:cx20:20140202005552p:plain

1. FlashDevelop をダウンロードする

■ FlashDevelop.org - Welcome

http://www.flashdevelop.org/

より、最新版をダウンロードします。今時点では FlashDevelop 4.5.2 が最新のようです。

インストーラー付き版(EXE 版と、ZIP 版の2バージョンがあります。今回は EXE 版を使用します。)

2. FlashDevelop をインストールする

FlashDevelop-4.5.2.exe を実行するとウィザードが開始されます。

f:id:cx20:20140202011246p:plain

インストーラを用いると、FlashDevelop 本体の他に、Flex SDK など、各種 SDK自動的にインストールされます。不要ならチェックを外します。

(ZIP 版の場合は、別途、Flex SDK をダウンロードする必要があります。)

f:id:cx20:20140202011247p:plain

メニュー等の日本語化を行う場合は「Japanese」を選択します。

f:id:cx20:20140202011248p:plain

「Install」をクリックするとインストールが開始されます。

f:id:cx20:20140202011249p:plain

f:id:cx20:20140202011250p:plain

Flex SDK など、各種 SDK自動的にダウンロードされます。

f:id:cx20:20140202011251p:plain

Flex SDK だけで 500 MB 程あるので、回線速度が遅いと、ダウンロードに時間がかかるかも知れません。

f:id:cx20:20140202011252p:plain

これで、インストール完了です。

3. FlashDevelop を起動してみる。

f:id:cx20:20140202014447p:plain

4. 日本語化してみる。

メニューより [Tools] - [Program Settings...] を選択します。

f:id:cx20:20140202014448p:plain

[FlashDevelop] - [Locale] - [Selected Locale] にて「ja_JP」を選択します。

f:id:cx20:20140202014449p:plain

一旦、FlashDevelop を終了し、再度起動します。

f:id:cx20:20140202014450p:plain

メニューが日本語化されていることが確認できました。

5. プロジェクトを新規作成してみる。

[プロジェクト] - [新規プロジェクト] にてプロジェクトを作成します。

f:id:cx20:20140202040818p:plain

とりあえず、今回は「AS3 Project」を選んでみました。

f:id:cx20:20140202040819p:plain

雛形のプロジェクトとコードが作成されました。

6. コードを修正してみる。

雛形として生成された Main.as のコードを修正してみます。

  • Main.as
package 
{
    import flash.display.Sprite;
    import flash.events.Event;
    import flash.text.*;
    
    public class Main extends Sprite 
    {
        public function Main():void 
        {
            if (stage) init();
            else addEventListener(Event.ADDED_TO_STAGE, init);
        }
        
        private function init(e:Event = null):void 
        {
            removeEventListener(Event.ADDED_TO_STAGE, init);

            var textField:TextField = new TextField();
            textField.text = "Hello, Flash World!";
            this.addChild(textField);
        }
    }
}

init() 関数に、Hello, World 用のコードを3行追加してみました。

7. 実行してみる

[F5] でコンパイル&実行になります。(デバッグ実行は [Ctrl]+[Enter] です。)

f:id:cx20:20140202020119p:plain

「Hello, Flash World!」が表示されたら成功です。

8. wonderfl.net で実行してみる。

せっかくなので、Hello, World! のサンプルを「wonderfl.net」にアップしてみました。

wonderfl.net」は、JavaScript をオンラインでコーディング&実行が出来るサイト「jsdo.it 」の Flash 版に相当します。

Hello, Flash World! - wonderfl build flash online

字が小さくて分かりにくいかも知れないですが、左上に「Hello, Flash World!」と表示されるかと思います。

参考情報

■ FlashDevelop.jp

http://flashdevelop.jp/

■ FlashDevelop.org - Welcome

http://www.flashdevelop.org/