読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CX's Hatena Blog

はてなブログを使ってみるテスト

Three.js で地球を回してみるテスト

○○で地球を回してみるシリーズ。

今回日程 シリーズ構成言語
1日目OpenGL で地球を回してみるテスト C/C++
2日目DirectX で地球を回してみるテスト C/C++
3日目Java 3D で地球を回してみるテスト Java
4日目WebGL で地球を回してみるテスト JavaScript
5日目Three.js で地球を回してみるテスト JavaScript
6日目Babylon.js で地球を回してみるテストJavaScript
7日目gl.enchant.js で地球を回してみるテストJavaScript
8日目PhiloGL で地球を回してみるテストJavaScript
9日目CubicVR.js で地球を回してみるテストJavaScript
最終日Away3D で地球を回してみるテストJavaScript
追加+1Flash 版 Away3D で地球を回してみるテストActionScript
追加+2WPF で地球を回してみるテストC# + XAML
追加+3JavaFX 3D で地球を回してみるテストJava

今回は、WebGL のライブラリの1つである「Three.js」用いて実現したいと思います。

f:id:cx20:20140123232230p:plain

0. 事前準備

WebGL に対応したブラウザ(任意のブラウザ)とライブラリ「Three.js」を用意します。

1. ソースを作成する

  • earth.html
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8" />
<title>Hello, Three.js World!</title>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css" />
<script type="text/javascript" src="http://jsdo.it/lib/three.js-r60/js"></script>
</head>
<body>
<div id="container"></div> 
<script type="text/javascript" src="earth.js"></script>
</body>
</html>
* {
    margin: 0;
    padding: 0;
    border: 0;
    overflow: hidden;
}

body {
    background: #000;
}
  • earth.js
var container;
var camera;
var scene;
var geometry;
var material;
var mesh;
var renderer;

init();
animate();

function init() {
    container = document.getElementById('container');
    camera = new THREE.PerspectiveCamera(45, window.innerWidth / window.innerHeight, 1, 1000);
    camera.position.z = 400;

    scene = new THREE.Scene();
    geometry = new THREE.SphereGeometry(150, 30, 30);
    material = new THREE.MeshBasicMaterial({
        map: THREE.ImageUtils.loadTexture('earth.jpg')
    });
    mesh = new THREE.Mesh(geometry, material);
    mesh.overdraw = true;
    scene.add(mesh);

    renderer = new THREE.WebGLRenderer();
    renderer.setSize(window.innerWidth, window.innerHeight);
    container.appendChild(renderer.domElement);
}

function animate() {
    requestAnimationFrame(animate);
    render();
}

function render() {
    mesh.rotation.y += 0.005;
    renderer.render(scene, camera);
}

前回の、WebGL を用いたプログラムに比べて、コード量が大分少なくすんでいることが分かります。

ちなみに、テクスチャの画像ファイルは、前回と同じく「earth.jpg」です。

f:id:cx20:20140120002054p:plain

2. ローカルで実行してみる

ブラウザにて earth.html を開きます。

  • IE での実行結果

f:id:cx20:20140123232231p:plain

f:id:cx20:20140123232230p:plain

3. jsdo.it で実行してみる

はてなブログが IE10 の互換性モードを指定している為、WebGL が表示できないようです。IE11 の場合は、別ウィンドウで開いてみてください。

参考

■ three.js - JavaScript 3D library

http://threejs.org/

■ mrdoob three.js - GitHub

http://github.com/mrdoob/three.js/

HTML5 Canvas WebGL Sphere with Three.js

http://www.html5canvastutorials.com/three/html5-canvas-webgl-sphere-with-three-js/

■ Webグラフィックをハックする(5):多彩な表現力のWebGLを扱いやすくする「Three.js」 (1/5) - @IT

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1210/04/news142.html