読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CX's Hatena Blog

はてなブログを使ってみるテスト

Windows Azure を使ってみるテスト(後片付け編)

Windows Windows Azure

先日のことになりますが、Windows Azure 無料評価版の最終日ということで、後片付けをしてみました。

f:id:cx20:20140114234200p:plain

Windows Azure の機能をいろいろ試しているうちに

などなど、様々なリソースが管理ポータルに表示されるようになりました。

このまま、評価終了後、再度、アクティブにしたときに、万一、課金されたりすると悲しいので、すべてのリソースを削除しておきたいと思います。

ただ、数が多いので、1つ1つを管理ポータルから手動で削除するのは、手間なので、せっかくなので、コマンドラインを使って、まとめて削除したいと思います。

コマンドラインツールの入手方法については下記記事を参照ください。

Windows Azure を使ってみるテスト(コマンドライン編) - CX's Hatena Blog

1. 仮想マシンを一括で削除してみる

仮想マシンを削除するには、以下のコマンドが使えそうです。

コマンド 説明
azure vm list [options] 仮想マシンの一覧を取得する
azure vm shutdown [options] 仮想マシンをシャットダウンする
azure vm delete [options] 仮想マシンを削除する

仮想マシンの一覧を取得してみます。

f:id:cx20:20140117220351p:plain

仮想マシンをシャットダウンしてみます。

f:id:cx20:20140117220352p:plain

仮想マシンを削除してみます。

f:id:cx20:20140117220353p:plain

削除されたようです。

シャットダウン~削除のコマンドを連続で実行することで、一括削除が可能になります。

再度、仮想マシンの一覧を確認してみる。

f:id:cx20:20140117220354p:plain

仮想マシンがすべて削除されたようです。

2. クラウドサービスを一括で削除してみる。

クラウドサービスを削除するには、以下のコマンドが使えそうです。

コマンド 説明
azure service list [options] クラウドサービスの一覧を取得する
azure service delete [options] クラウドサービスを削除する

クラウドサービスの一覧を取得してみます。

f:id:cx20:20140117220355p:plain

クラウドサービスを削除してみます。

f:id:cx20:20140117220356p:plain

上記の削除のコマンドを連続で実行することで、一括削除が可能になります。

再度、クラウドサービスの一覧を確認してみる。

f:id:cx20:20140117220357p:plain

クラウドサービスもすべて削除されたようです。

あとは、コマゴマとしたやつを手動で削除して完了です。

f:id:cx20:20140117220358p:plain

なんだか、すっきりしました。

f:id:cx20:20140118092211j:plain